宮古島の最東端の東平安名崎(ひがしへんなざき)は海と空と奇岩の組み合わせによる絶景です。台湾に近いことが示された案内板を見ると「ずいぶん遠くに来たもんだ」との思いを強くします。風の強いところですがそんな中にもスジグロカバマダラが、センダングサで吸蜜していました。アサギマダラやリュウキュウアサギマダラと同様、幼虫時に体内に蓄積した有毒成分を成虫になっても持ち続けているので鳥など天敵に食べられにくいとされています(鳥の学習能力もすごい・・・)。 mats

 

1+