最近の記事でツマキチョウやモンキチョウの名前のつけかたがいい加減との個人的意見を書きましたがおまけでもうひとつ。さて、この蝶の名前は? mats

答は「ミドリシジミ」(メス)で、生田緑地に出てくるのはまだ1ヶ月以上先です。この蝶がミドリシジミだと言われても納得がいきませんよね? これは、やはりツマキチョウと同じような話で、緑なのはオスだけで、メスは遺伝タイプにより上の写真のような褐色地にオレンジと青の模様があるAB型、褐色地にオレンジ模様があるA型、褐色地に青模様があるB型、褐色地だけのO型と分かれていますが、緑はありません。緑なのはオス(下。写真はいずれも生田緑地で6月中旬の撮影)だけなのです。いい加減でしょう?  参考 蝶百科図鑑 ミドリシジミ

9+