まだチョウの数自体が少ない早春の多摩川。そこで見たのは鱗粉はかなり剥げ落ち、色の褪せてしまったベニシジミ。去年の台風の時以降は多摩川には居場所そのものがなくなったはず。幸い今年の冬は暖かかったとはいえ、そのままどこかで越冬したものと見え、いち早く飛び始めていました。

(Henk)

参考 蝶図鑑 ベニシジミ

2+