蝶の羽には全体としての美しさの他に、鱗粉の配列が織りなす模様と色彩の中心となるディテールがあります。私たちを惹きつけてやまない蝶(及び番外)の魅力をシリーズでデザインのディテールから迫ってみました。

秋に多摩川土手であちこち忙しく飛び回っていたウラナミシジミ。訪花しているときは別にしても葉上にとまっている時はすぐ他のウラナミに追いかけられ飛びたつので殆どじっとしてません。閉じた羽裏側の目玉模様(鳥を含む外敵の注意をこちらにそらして大事な頭部を守るためとの見方もあります)は念入りに橙色+金青緑のアイシャドウまで塗りたくりいやがおうでも目立ちます(写真下:10月上旬、多摩川土手中野島)。

mats 参考 蝶百科図鑑 ウラナミシジミ  投稿記事 秋の主役宣言

 

9+