蝶の羽には全体としての美しさの他に、鱗粉の配列が織りなす模様と色彩の中心となるディテールがあります。私たちを惹きつけてやまない蝶(及び番外)の魅力をシリーズでデザインのディテールから迫ってみました。 mats

春はギフチョウから ー ただ、遠征とまではいかないもののちょっと距離があるので、身近に春を感じるのはなんと言っても多摩川土手のベニシジミ。春型の鮮やかな橙色を見るとこれまで何百回も見ているはずなのにあいも変わらず感激します。この羽の色は夏に向かって世代交代を重ねるごとにどんどん黒っぽくなり、そして晩秋に再び鮮やかな橙色に戻ります。多摩川土手に多いギシギシが食草であることからハイム周辺でもおなじみの蝶のひとつ。下は先日多摩川土手で撮影したオスのベニシジミ(4月上旬)です。   参考 蝶百科図鑑 ベニシジミ

10+