昨日の高尾山山頂、元気よくバトルを展開して一番目立っていたのはスミナガシですが、そのほかにもいくつかの蝶たちが活躍していました。 mats

おなじみのアカボシゴマダラです。写真の蝶を含め関東を中心に増えているのは2000年前後にマニアが放蝶した中国産とみられていて、同じエノキを食すゴマダラチョウと競合して駆逐してしまうのではないかという心配があります。一方、日本産としては奄美大島に生息する亜種がいますがこちらは絶滅が危惧されています。

下の2枚は多摩川や生田緑地では見られないホソバセセリ、比較的大型でした。一番下は、上空を滑空しては木のてっぺん周辺にとまってついに下には降りてこなかったオオムラサキです。

参考 蝶図鑑 アカボシゴマダラ オオムラサキ

8+