親子で楽しめる「ぼくとわたしのちょうちょの絵本」
新着記事

セセリチョウ科

忙しげなセセリ二つ キマダラ+コチャバネ

ミドリシジミやアカシジミたちが一段落した6月終り、新治市民の森を訪ねてみるとセセリたちが忙しそうに花を訪れては吸蜜していました。 mats 「セセリ」というのは「せわしげな落ちつきのない飛び方に由来する」(大百科事典)と …

裏高尾のヒメキマダラセセリ

今年は生田緑地のアオバセセリが終わって、すぐにも裏高尾に行くことにしていたのですが、そのタイミングを逃してしまい、行った時にはアオバセセリはもう見られませんでした。その時に裏高尾で撮ったヒメキマダラセセリです。どこにでも …

はじめまして!

「はじめまして!」と思わず声を掛けました。 くるりと巻いた木の葉の巣の中で、まるで小さい子供が描いたような青虫。と言っても、青くはなく、写真のような派手な縞模様と赤い頭。「はらぺこあおむし」か「「ニャッキ」を連想します。 …

さすが大名! 高尾山のダイミョウセセリ

高尾山の山頂付近、ツツジにはアゲハ類がよく訪れるのですが・・・ mats そのツツジの廻りの空間でダイミョウセセリのオスがテリトリー(縄張り)を張って周囲を監視していました。縄張りに入ってくる侵入者を同種であろうと、別の …

手乗りアオバセセリ(MMさんから)

今日は新しい友人MMさんをご紹介します。MMさんとは2年ほど前から生田緑地・奥多摩などでしばしばお会いして、その都度いろいろ情報交換をさせてもらっています。彼はチョウをこよなく愛するプロさながらの写真家でもあり、いつもリ …

ウツギ好き アオバセセリ

春先のギフチョウと並んで年中行事になっている生田緑地のアオバセセリ、今年も健在でした。 mats 生田緑地にウツギの白い花が咲き出すと、そろそろアオバセセリが出てくるとワクワクします。どこにでもいる蝶ではないこと、他のセ …

主役登場、アオバセセリ

毎年、ウツギの白い花が咲くころに決まって姿を見せるアオバセセリ。今年も多くのファンをやきもきさせて、やっと姿を現しました。先日は、待てど暮らせど現れず、コチャバネセセリが主役に替りファンサービスをすることになりましたが、 …

今日は主役、コチャバネセセリ

この時期にほんの短い期間しか姿を現さないアオバセセリを求めて生田緑地へ。 もうすでにウツギの花は7-8分咲きになっていましたが、待てど暮らせど肝心の主役は現れず。あきらめて帰り際にヒメジョオンの花で一心不乱に蜜を吸ってい …

よくぞご無事で! 多摩川のギンイチモンジセセリ

昨秋の台風19号は武蔵小杉の冠水をはじめ甚大な被害をもたらしましたが、多摩川の様子も一変しました。ハイム周辺の多摩川土手に生息するギンイチモンジセセリも全滅かと思いきや・・・mats 例年のようにギンイチモンジセセリがい …

ミヤマセセリ、女神に嫉妬?

「私は『春の女神』と呼ばれるギフチョウと比べると、翅の色も地味で体も小さくあまり目立ちません。3月末から4月初めにかけて、大勢の方々が女神に会おうと押し掛けて来られますが、じつは私もその時期には女神の近くを飛んでいるので …

1 2 3 »
 ・累計カウント  
 ・本日カウント  
 ・昨日カウント  

最近の投稿

カテゴリー

アーカイブ

QRCode

PAGETOP
Copyright © ハイム蝶百科図鑑 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.