親子で楽しめる「ぼくとわたしのちょうちょの絵本」
新着記事

昆虫

偶然の出会い セミとカメムシ

連日暑い日が続きます。そしてセミの声がさらにその暑さを増幅する感じさえします。今日は二組の偶然の出会いをご紹介します。 セミとカメムシ、いずれも昆虫としては同じ仲間に属します。 最初の1枚はミンミンゼミとキマダラカメムシ …

昼活躍する蛾たち 番外 信州上高地遠征編③

前回の信州遠征では滞在した4日間全て雨にたたられかろうじて最終日の最後の30分ほどで姿を現わしてくれたアイノミドリシジミに助けられはしたものの、やはりそれだけでは寂しくリベンジと称して今度は信州上高地に3日間の予定で出か …

キマダラカメムシの孵化

ジャコウアゲハのオレンジ色の卵のすぐそばに、何やら見慣れない白い卵が10個以上びっしり並べて産み付けられていました。何だろうと思い、それだけ別にしてしばらく様子をみていたら、青虫スタイルの幼虫ではなく、丸い虫の形をした小 …

トンボ第3弾 ショウジョウトンボほか 番外

蝶のサイトなのに連続トンボの3回目です。裏の多摩川の池状の水溜まりですが行く度に新しいトンボが見つかるので暑い日が続くなか近所で撮影することにしました。 mats 真っ赤なショウジョウトンボ、これはオスで最初は黄色っぽい …

アブ3種

今日は番外編で、アブを3種ご紹介します。そのうちの最初のも吸血アブ、普段は樹液などをエサにしているのですが、メスだけは産卵期に人や動物の血を吸うというちょっと厄介者です。MMさんが送ってくれたものです。二番目のものはムシ …

君はラッキー

「君はラッキーだね。こんな時間に出てくるなんて無茶だよ。下手するとアリの餌食になってしまうとこだったよ。」 セミの羽化は大体日没から夜中にかけてか、あるいは太陽が昇る前の早朝が一般的です。夏の午後3-4時はまだ日が高く、 …

暑中産卵 多摩川のギンヤンマ

このところ山が続いていたので、久し振りに川(と言っても裏の多摩川の水溜りですが)を覗いてみると・・・ mats 猛暑のなか、ギンヤンマが産卵活動中でした。メスは胸と腹の間が青いオスに首根っこをはさまれるような形で、一緒に …

ハイムのトンボ ミヤマアカネ

この写真のどこにトンボがいるでしょう? 5号棟の前で偶然見つけました。おそらく多摩川あたりから飛んできたのでしょうか。 背景の色に完全に溶け込んでしまって、よーく見ないとこれがトンボだと気が付きません。これはミヤマアカネ …

わすれてました ルリタテハ

クヌギの樹液にはオオムラサキに混じってルリタテハも顔を見せます。時折パタパタッと羽を開くのですが暗いことが多いのでなかなか撮影は困難です。そしてほかにも・・・ mats 珍しく大きく開いて綺麗なルリ色の帯を見せてくれまし …

十匹十色 カナブン 番外

夏の生田緑地。クヌギやコナラの幹に樹液が出ていると必ず蝶、甲虫、スズメバチほかの昆虫が群がっています。色とりどりのカナブンの紹介です。 mats 幹の上の方で王者カブトムシをはじめカナブン、ヒカゲチョウたちが、下の方でも …

1 2 3 »
 ・累計カウント  
 ・本日カウント  
 ・昨日カウント  

最近の投稿

カテゴリー

アーカイブ

QRCode

PAGETOP
Copyright © ハイム蝶百科図鑑 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.