昨年の4月下旬、生田緑地の入口付近でクロマルハナバチが白いバラの花の中で転げ回っている滑稽な姿をみて大笑いしました。1年後、同じハチ、同じ花でまたまた大笑い。 mats

生田緑地の入口、白く立派に咲き誇っているナニワイバラにミツバチの仲間、クロマルハナバチの「働き蜂」が飛来しています。蜜と花粉を求めて花に入り込もうとするのですがオシベに邪魔され、まさに七転八倒状態で全く自由がききません。いやはやご苦労さん(おかし過ぎて心がこもらない)・・・と思う一方で、ハチにとってオシベの花粉はタンパク質を含む栄養源であり、幼虫のエサとしても貴重です。そうすると転げ回った結果、大量の花粉を体につけて巣に持ち帰ることになるのでドタバタ劇(動画)ではあるもののまじめに仕事をしていると見た方がよさそうです。クロマルハナバチは風媒花であるトマト(風媒花なので蜜はなく花粉しかない)のハウス栽培で無風のハウス内でトマトの受粉に利用されています。

後ろ脚に「花粉ダンゴ」と呼ばれる花粉の塊ができていますが、これをもっと大きくして巣に持ち帰ります。

12+