この日は偶然にも2カ所でこの極小のゾウムシに出会いました。マテバシイとフヨウの葉の上で、米粒くらいのゾウムシです。名前をカシワクチブトゾウムシと言います。カメラを構えても小さすぎてなかなか焦点が定まりません。そうしているうちに止まっていた葉からポトリと落ちて逃げられました。このポトリと下の草むらの中に落ちるのは、テントウムシなどがよくやる危機を回避する一つの方法のようです。
最後に撮れたのがこの写真です。左の長い触覚が折れて少し短くなっています。

(Henk)

7+