みなさま

新多摩川ハイムは広大な敷地とバラエティーに富んだ豊かな植栽に加え、裏に多摩川、近くには生田緑地という稀有な自然環境に恵まれています。昨年4月末に私たちmatsとHenkの二人がタッグを組んで始めた「ハイム蝶百科図鑑」はこのような恵まれた環境の中で、蝶、昆虫、鳥といった自然が造りだした芸術作品とでもいうべき生きものたちを通してみなさまが自然に親しんでいただけるきっかけを提供するということをその目標に定めました。漠然とした目標ではありますがこの達成のため、まずこの地域に生息する蝶を中心に図鑑を作成するとともに、蝶、昆虫、鳥など生きものに関する記事を写真ブログの形式で紹介してゆくことにしました。蝶百科図鑑は通常の図鑑のような標本の表裏写真を並べた無味乾燥なものではなく、それぞれの蝶の特徴が表われた画像に加え、花で吸蜜したり樹液を吸っていたりというような蝶たちのいきいきとした自然の姿を捉えた画像を盛り込み地域の蝶を中心に63種、関連紹介を含めると100種を越える蝶を紹介しており他には例がないものです。また、投稿記事はハイム内での目撃情報、多摩川土手や生田緑地の季節の移ろいとともに変化する蝶たちの姿、遠征記録、飼育記録と多岐に亘っており、それに加え蝶以外の「番外」と称している昆虫や鳥についてもその美しさや奇妙な習性などを幅広く取りあげていて、その内容はメディアにも注目されました。開始以来、二人で手分けしてではありますがほぼ一日も休まず記事を投稿してきた結果、おかげさまを持ちまして、この8月には通算アクセスが2万回を越え私たちの当初の目標は充分達成できたと自負しております。

そこで私たちの記事投稿は本日8月末をもって終了、みなさまにバトンタッチすることとし、今後は、みなさまご自身がハイム内、多摩川土手、生田緑地、あるいは高尾山などに散歩、ハイキングにいらっしゃった折に気になった蝶や生きものがいたら、すぐに写真撮影は難しいかも知れませんがお帰りになってからこの蝶百科図鑑、及びこれまでの投稿記事を検索していただければ役立つ情報があるかもしれません。そしてもし、うまく写真が撮れたら、新設された「おしゃべりひろば」に投稿されてはいかがでしょうか?

もちろん、私たちの蝶をはじめとする生きものに対する好奇心と情熱は尽きることがありません。明日からもこれまで同様、無限に広がるこの驚きと感動に満ちた世界を楽しみながら観察し続けてゆくつもりです。

長い間、応援していただいてほんとうにありがとうございました。心よりお礼申し上げます。

mats & Henk

 

13+