活動する昆虫たちの殆どいなくなった冬場に、ルリチュウレンジ(小型のハバチの一種)の幼虫がまだ盛んにツツジの葉を食べているのを見つけました。筋だけが食べ残されている葉を何気なく見ると、それは昨年食べられたものではなくごく最近食べられたものなのです。それでそのあたりを探してみると、いました。ルリチュウレンジの幼虫が何匹もいました。そして今も盛んに葉を食べているところです。この写真でも2匹いるのがわかります。寒さには弱いと思われる幼虫の姿で越冬するとは思っていなかっただけに驚きでした。この幼虫がいるということは、成虫もまだいるのか?それとも成虫では越冬しないのか? ともかく、恐るべしルリチュウレンジ。

参考 雑草・害虫図鑑 ルリチュウレンジ
これがバラの葉を食べていた!

(Henk)

0