親子で楽しめる「ぼくとわたしのちょうちょの絵本」
新着記事

Henk

自然は厳しい ジャコウアゲハ飼育

自然とは厳しいものだ。そんな中、チョウたちは健気に生きている。 昨日に続いて今日もジャコウアゲハの話題で恐縮ながら、我が家のベランダで昨年からジャコウアゲハを飼育し始めて、いまさらながら自然の厳しさというものを感じている …

羽化に失敗

チョウは完全変態といって、青虫・芋虫と言われる幼虫が蛹を経て成虫の蝶になります。幼虫と成虫では生活様式が何から何まで変わってしまいます。幼虫は蛹になる時、本能的に安全に羽化できる場所を探しているはずですが、たまにはとんで …

少し成長 キマダラカメムシ

孵化してすぐは、卵の殻の上であまり動かなかった幼虫ですが、気が付くともう既に一回脱皮して少し大きくなっていました。小さく見えるのが脱皮した抜け殻です。その左に白く見えるのは卵の殻です。 (Henk) 6+

偶然の出会い セミとカメムシ

連日暑い日が続きます。そしてセミの声がさらにその暑さを増幅する感じさえします。今日は二組の偶然の出会いをご紹介します。 セミとカメムシ、いずれも昆虫としては同じ仲間に属します。 最初の1枚はミンミンゼミとキマダラカメムシ …

キマダラカメムシの孵化

ジャコウアゲハのオレンジ色の卵のすぐそばに、何やら見慣れない白い卵が10個以上びっしり並べて産み付けられていました。何だろうと思い、それだけ別にしてしばらく様子をみていたら、青虫スタイルの幼虫ではなく、丸い虫の形をした小 …

夏のアオバセセリ (MMさんから)

MM さんから投稿いただいた夏のアオバセセリです。 アオバセセリは例年ゴールデンウィーク前後に生田緑地にも現れ、多くの愛好者を引き付けています。しかし、その姿はごく実時間期間しか見られず、その後どうしているのかずっと気に …

ムラサキツバメが見られない 生田緑地

今年は春先に生田緑地ではマテバシイなどの刈込があり、幹の脇に出ているひこばえがきれいさっぱり切られてしまいました。例年だと、このひこばえにムラサキツバメが卵を産み、柔らかい葉にくるまった幼虫がみられたのですが、今年は全く …

アブ3種

今日は番外編で、アブを3種ご紹介します。そのうちの最初のも吸血アブ、普段は樹液などをエサにしているのですが、メスだけは産卵期に人や動物の血を吸うというちょっと厄介者です。MMさんが送ってくれたものです。二番目のものはムシ …

今日のハイムの蝶 サトキマダラヒカゲ

4号棟北側のシラカシで樹液に来たサトキマダラヒカゲです。今年は樹液の出はあまりよくないようですが、この木にはスズメバチ・カナブンなどもよくやってきます。 今日は何度もナガサキアゲハに出会いましたが、なかなか写真にはなりま …

君はラッキー

「君はラッキーだね。こんな時間に出てくるなんて無茶だよ。下手するとアリの餌食になってしまうとこだったよ。」 セミの羽化は大体日没から夜中にかけてか、あるいは太陽が昇る前の早朝が一般的です。夏の午後3-4時はまだ日が高く、 …

1 2 3 15 »

図鑑・スライドショーメニュー

 ・累計カウント  
 ・本日カウント  
 ・昨日カウント  

最近の投稿

カテゴリー

アーカイブ

QRCode

PAGETOP
Copyright © ハイム蝶百科図鑑 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.