昨年に続き、やはりやってきた!

北側のベランダで昨年から植木鉢で育てているウマノスズクサに、今朝ジャコウアゲハが卵を産みにやってきたのです。ベランダの壁に張り付き越冬し5月に羽化した5頭のうちメスは1頭だけ。しかし、羽化は一か月以上前のことなので、このメスは結局ここには帰っては来なかったようです。今朝来たのはそれ以外の新しいメスのようで、我が家のウマノスズクサを見つけたのです。それにしても、すごい嗅覚というか、この近辺では我が家以外には多摩川の土手にしかない食草を、しかも2株しかない小さなものを見つけられるとは、その能力は驚きというしかありません。

ともかく、間隔をあけて、何度もやってきます。その都度何個かずつ産み付けているようで、産み付けられた卵の数を数えると今で十数個はあります。うれしいことなのですが、もしこれがすべて孵化すると、とたんにエサが足りなくなってしまいます。また、今年もエサ確保のため多摩川土手を何度も往復する羽目になりそうです。今は2株しかないので、さらにいくつか鉢を増やす必要がありそうです。

上の写真の上部に見える葉っぱにポツポツと2個卵が見えます。それと、黒いバケツの横に昨日から張り付いた前蛹(蛹になる前の白黒の幼虫)が見えます。昨年もこのバケツで蛹になったものがいましたが、そのためこのバケツは動かせず、水はいちいち別のバケツで運ばなくてはならなくなります。

下の写真は産み付けられた卵。赤くて丸い。

(Henk)

参考 蝶図鑑 ジャコウアゲハ

7+