先日、「高尾山の黒服」としてオナガアゲハとクロアゲハを紹介しましたが、今回は追加で黒服の重鎮モンキアゲハです。 mats

高尾山山頂付近のオオムラサキツツジに飛来したモンキアゲハ。このアゲハは他の蝶より山頂に集まる傾向が強いように感じています。大型でもあり、いつでもセットのように現れるオナガアゲハ、クロアゲハといった黒服とは一線を画し、孤高感満載で一定のコースをゆうゆうと飛び回るといった雰囲気があります。結果的には飛んでいるところを下から見上げることが多いのでなかなか写真を撮らせてくれません。ともに高尾山、5月中旬。

オオムラサキツツジで吸蜜するモンキアゲハ。変幻自在な口吻は伸びた後も器用にあちこち細かくまさぐることが可能で、いったいどんなメカニズムになっているのか興味深いところ。

12+